ベッドで心地よく眠るためにはシーツも重要です

ベッドのシーツを替える時には、どのような点に気を付けるといいでしょうか。
まずボックス型の場合は、すっぽりパッドとマットレスの上からかぶせるようにします。
この場合はあらかじめ形が決まっていますので、シーツ替えも簡単で、忙しい人向けといえます。
普通のシーツの場合は、まずシーツをパッドとマットレスの上に置き、徐々にマットレスの下に入れ込んで行きます。
本格的なベッドメーキングでは、毛布を一緒に入れ込むこともあります。
四隅は三角形に折り込むようにするときれいにまとまり、見た目もだぶついた感じがなくすっきりします。
ホテルのベッドのような感じにしたい時には、シーツの洗濯時に糊をつけるといいのですが、なかなかそれが出来ない場合には、きちんとアイロンを掛けるようにしましょう。
シーツの中心の部分、体が当たる部分にアイロンを掛けておくと、ぱりっとした感じが長続きします。
それからベッド用シーツの洗濯ですが、毎日行うのが難しい場合は、せめて週に2回は洗うようにしましょう。
何日も同じシーツを使っていると、衛生上の問題もありますし、何かしわしわになった感じで、寝心地にも影響するからです。
いい睡眠は、まずいいシーツからです。