脚付きマットレスベッドについて

和風建築から洋風建築にシフトした事で、日本の住宅事情は大きく変化しました。
それに伴い変化したのが室内で使われる家具や内装であり、和室から洋室に変化した事でベッドが頻繁に用いられるようになっています。
そしてベッドには通気性も求められています。
通気性を確保する方法として、脚付きタイプを置く事で床下の快適性をアップできます。
床下は最も湿気が溜まりやすい場所なので、ジメジメした環境を避けるため最適な方法です。
脚付きタイプにはマットレスが付いた物もあります。
通常ベッドはマットレスの上に寝具を乗せて使用しますが、最初から付いているため、買い揃える手間が省けます。
また脚付きマットレスは一体化なので、寝ている最中にズレる心配が無く、どんなに寝返りをうっても安心して眠れます。
マットレスを干したい時は布団を取り除き、日当たりの良い場所に置くだけなので誰でも簡単に作業できます。
また来客時にはソファとしても使えるため、用途がたくさんあります。